借りる前に知っておきたいキャッシング基礎知識:リボルビング返済法

ATMへ行き、カードを入れ、金額と暗証番号入力する。
たったこれだけの手順でお金を借りることができるのが現代社会です。

しかし、簡単にお金を借りることができるようになったが故、自分がどのような形でお金を借り、どのような形でお金を返していくのかを正しく把握していない人が大勢います。

そこで一番身近なお金を借りる手段であるキャッシングについて紹介をします。

キャッシングはローンとは異なり、お金を返す手段が基本的には翌月一括返済となります。
「カードを使ってATMでお金を引き出す」という点ではキャッシングもカードローンも同じですので、混同してしまい、キャッシングをして翌月に予期せず大金が口座から引き落とされ困った、という話をよく耳にします。

「一時的にお金を借り、すぐに返す」という場合はキャッシングが有効であり、「まとまったお金が必要で、すぐには返済ができない」という場合にはローンが有効なのです。

しかし、キャッシングをしてローンのような形で返済をしたい、という人もいるでしょう。
そんな人に有効なのがキャッシングのリボルビング返済法という返済法で、一括返済が基本ですが、現在多くの会社が導入している利便性の高い返済法です。

では、リボルビング返済法がどのような返済法なのかといいますと、借りた金額枠内に応じて毎月一定の決まった額を返済していく方法となります。

例えば10万円借りた場合、毎月の返済日に1万円ずつ返していく、という形になります。
なお、その返済額の1万円には利息も含まれています。

この方法なら急な出費があってお金を借りた時でも無理なく返済が可能ですね。

返済方法をよく把握し、計画的な返済が大切です。