借りる前に知っておきたいキャッシング基礎知識:金利計算編

キャッシングとは、消費者金融などの金融機関が個人に対して小口の融資を行うことをいいます。基本的に担保や保証人は必要としません。そのかわり個人に信用を担保にするので、審査を行い、通過したら融資を受けることができます。キャッシングは本来、給料日前に急に現金が必要となったときなどの、急場をしのぐために利用することを目的としています。ですから即日融資が基本です。申し込みをしてから、その日のうちに現金を手にすることができます。また金利計算も1日ごとの日割り計算となっています。ちなみ銀行などのカードローンや信販系のクレジットカードは30日毎の月割り金利計算となっています。なので極端な話ですが、キャッシングの場合は、借りて翌日に返済すれば、金利は1日分で済みます。一方のカードローンや信販系のクレジットカードなどでお金を借りた場合、翌日返済したとしても30日分の金利を支払わなくてはいけません。キャッシングの金利は、カードローンの金利よりも高めに設定されている場合が多いです。ですが、お金を借りてすぐに返済できた場合は、月利計算のカードローンやクレジットカードよりも日割り計算のキャッシングの方が金利が安くなる場合があります。またキャッシング会社によっては、利用してから最初の1週間は金利が無利息となるサービスを行っているところもあります。こういったお得なサービスを利用すれば、かなりお値打ちにキャッシングを利用することができます。